ご購入はこちら

STRIPE CHANNEL

SCROLL

ARM Controllerは、
とっても簡単な
二の腕トレーニング方法です。

操作は簡単。手にもってスイッチオン!
左右の手のひらを通じて
効果的に二の腕にアプローチします。

たった15分間の使用で!!

腕立て伏せ約125回分
相当する筋活動量

EMSの低価格化に成功

高額な商品が多いEMSの中で圧倒的な低価格化を実現。
エンジニア独自の技術を駆使し、
最低限のコストで耐久性、効果を実現。

高額商品が多いEMS商品の中で
ぶっちぎりの低価格

VONMIEシリーズから
お得なセットをご提案

なにかと自宅にこもりがちな今こそ。
「さらにキレイ」を目指せる
特別なセットを発売中!

新しい決済方法も追加

NP後払い
女性は二の腕が太くなりやすいので
注意が必要!

二の腕が太くなってしまう
3

  • 猫背になると背中が丸くなり、肩甲骨が横に広がり背中や肩の筋肉が緩まる事で二の腕や腕を支える力がなくなってしまい二の腕がたるんでしまうそうです。普段から猫背にならないように意識をしてみてください。
  • リンパの流れが悪くなってしまう事で、脂肪細胞と老廃物が溜まってセルライトができてしまう可能性があるみたいです。マッサージを入念にして早めのケアを心がけてください。
  • 脂肪がつきやすく振袖になってしまう箇所にある「上腕三頭筋」は女性はなかなか日常生活で使うことがない筋肉なので、たるみがちになってしまいます。

姿勢を意識して
マッサージを入念にして
後は
ボミーを手にもって
スイッチオン!

高額商品が多いEMS商品の中で
ぶっちぎりの低価格

ウェブCMにて
ARM CONTROLLERを紹介中
5つのパターンで
効果的なアプローチを実現

「もし携帯が鳴ったらどうすればいいの?」
「ちょっとした時に使いたいなら?」
「料理の途中なら?」

どうやったら短時間で効果的にアプローチできるか。
IT大国エストニアのエンジニアたちは考えました。

筋肉の予測の上をいこう!

タイマーは各15分で設定されていますが、
手を放してしまったら、
違うモードに変更してください。

手を放してしまっても
モードを変えれば大丈夫!

1日でトータル15分の使用を
目指してください。

それぞれ異なるつのパターンで

筋肉が予測できない効果的な
アプローチを実現!

  • ドッドッドッと大きなアプローチ

  • ズンッズンッと深い刺激

  • ビクッビクッとリズミカルな刺激

  • グーンッと響くような刺激

  • ギューギューと締め付けられるような感覚

EMS とは

今、大人気のEMSを
知っている方にも知らない方にも

EMSとは「Electrical(電気的な) Muscle(筋肉) Stimulation(刺激)」の略で、電流を流して筋肉を刺激、収縮させる運動機器です。 リハビリやアスリートのトレーニングにも使われていますし、医療やスポーツの世界でも活躍している機器なんです。
自分ではなかなか意識できない【動かしにくい筋肉】まで刺激してくれるので効率的なトレーニングができると今、大人気なんです。

とは

北欧エストニアの最先端テクノロジーを開発しているエンジニアが開発したEMSブランドです。

安全上のご注意

[危険]次のような医用電気機器とは、絶対に併用しないでください。
事故や医用電気機器の誤作動をまねき、身体に著しい障害をもたらすおそれがあります。
ペースメーカーなどの体内植込み型医用電気機器
人工心肺などの生命維持用医用電気機器
心電計などの装着型医用電気機器
上記に当てはまる方は、本品を使用中の方の脚部にも触れないでください。
本品を、ペースメーカーなどの体内植込み型医用電気機器を装着した方の装着部位に近づけないでください(本品と装着部位は22cm以上離してください)。
[警告]次のような方は使用しないでください。 事故や肌・身体のトラブルのおそれがあります。 心臓疾患のある方
妊娠中の方、出産直後の方
医師に運動を禁じられている方
足裏に傷のある方
飲酒している方
[警告]次のような方は必ず医師にご相談のうえ使用してください。事故や肌・身体のトラブルのおそれがあります。 アレルギー体質の方
脚部に知覚障害や異常(感染症、皮ふ炎や傷など)のある方
血行障害のある方
薬を服用中の方
悪性腫瘍のある方
脳神経に異常を感じている方(てんかんなど)
糖尿病などによる高度な末梢循環障害による知覚障害のある方
発熱(38℃以上)している方
安静を必要とする方
脚部の骨折、ねんざ、肉離れなどの急性(疼とう痛性)疾患のある方
骨粗しょう症など、骨に異常のある方
体内にボルト等の金属を埋め込んでいる方
血圧に異常がある方
身体に異常を感じている方
その他医療機関で治療中の方
[警告]次のような部位には使用しないでください。事故や肌・身体のトラブルのおそれがあります。 足裏以外の部位
傷口などの粘膜部位
整形手術をした部位
金属、プラスチック、シリコンなどを埋め込んである部位
刺青(タトゥー)を入れている部位